少し前までは、、、

専業主婦でも夫にある程度の収入があるならば、銀行や信販系のカードローンや消費者金融でのキャッシングを比較的簡単に利用することが出来ました。しかし、キャッシングにまつわる諸問題を解決するための改正貸金業法が2010年6月に施行され、専業主婦を含む無収入の人(働いておらず、自営業もしていない人)の借入は原則として出来なくなりました。さらに、収入のある人の借入も、住宅ローンなど一部を除き年収の3分の1までに制限されました。このこと自体は、借金苦による自殺や自己破産が増えたり、就職に困って返済不能に陥る人が増えてしまっていたりするなど、このご時世ではしかたがないことでしょう。
ただ、家計をやりくりする上で、急に大きな出費が出たときにちょっとだけ利用したいときも主婦にはありますよね。たとえば慶事や弔事が続いてしまい、祝儀などの出費が増えたとき。子どもの入学などに伴い、一時的にまとまったお金が必要なとき。また、家族の誰かが急に入院してしまったとき。数日後の給料日まで、少しの間やりくりをすればすぐ返せる額だけ、そういったときのレスキューが使えないとなると困ってしまいます。
改正貸金業法では、自分の収入が全くない専業主婦(主夫)であっても、例外として配偶者の年収の3分の1までは借り入れが出来ます。ただこの場合は、配偶者本人の借り入れと合わせて年収の3分の1までしか認められません。また、パートなどで収入がある兼業主婦の場合は、自分と配偶者の年収の合計額の3分の1が上限額です。ただ、住宅ローンなど一部の負債は考慮しません。
ですが実際には、専業主婦の場合、自分の収入がないという理由で、契約自体が出来ない企業の方が多いです。一部の企業では、夫に収入があるならば、ごく少ない額ですが借り入れが出来ることがあります。
キャッシングは確かに怖いものですが、配偶者とよくコミュニケーションをとりながら、あらかじめ返済の予定を立て、借入先をきちんと選べば家計を助ける道具となり得ます。ピンチのときのお助け道具として、賢く利用しましょう。

 

 

昔はキャッシングというと返済が大変になるから怖いというイメージでしたが、最近ではより気軽に利用できるようになっているみたいです。
特に今すぐ現金が必要だけれど、すぐに返せるあてがあるという場合にはキャッシングはとても便利に使うことができます。
いろいろなキャッシング会社があるのですが、その中に一定の期間は利息がつかないというようなサービスがある会社があります。
すぐに返すことができるお金であればこのような会社から借りるといいなと思います。
また、金利の面でも法律がしっかりとできたため昔のように高金利でのキャッシングを行うところはなくなってきました。
低金利で借りたいという時は、インターネットを使ってキャッシングの比較をしてみると良いと思います。
そのまま、インターネットから借り入れの申し込みまでできるところもあるので自宅にいながら今すぐお金をカードローンで借りることができます。
上手に利用するととても便利なものだと思います。

 

趣味のお金

公務員をやっている男性です。仕事が終わってからや休日などは、学生時代の友人達と音楽活動をやっているのですが、先日長いこと使っている楽器の調子が悪なってしまい、修理で直りそうにもないので買い替えをしなければならなくなってしまいました。そこで、楽器店に行ったところ、手持ちの現金では足りないことがわかったのですが、買い替えをしなければ練習が出来ないので、銀行&消費者金融のカードローンでお金を借りることにしたのです。カードローンは、楽器店近くのコンビニATMで利用することが出来たので、無事に10万を借り入れして楽器を購入することが出来ました。今回は、銀行&消費者金融のカードローンのおかげで、楽器の購入が出来て本当に助かりました。また、今回消費者金融の審査を利用して、お金が無い時にでもすぐに借り入れが出来るという便利さを実感しましたので、また急な出費があった場合にはぜひカードローンを利用したいと思っています。

 

カードローンのデメリットも知っておくことが大切です

アイフルのカードローンは身分を証明出来る書類を提示するだけで簡単に即日発行してくれる会社が多いです。
給料前にお金の無くなってしまう金欠病に陥ったり、デートをしたいのに資金がいまいち不足しているような場面で抜群の威力を発揮します。
アイフルのカードローンは大変便利なものですが両刃の剣です。
そのデメリットもしっかりと認識しておきましょう。
カードローンのデメリットのトップにあげられるのは借入金利が比較的高いことです。
即日契約など契約面でメリットがあるのですが、その便利さ故に、金利は多少高めに設定されています。
昨今のカード会社の経営方針ですが、一言で表現すれば薄利多売主義です。
金利等の条件面でも優遇しておいて顧客の囲い込みを図る会社が多いですね。
金利が高いといっても、利息制限法で定められている上限を超えることはありません。
利息制限法で定める金利の上限は、貸付額により変動しますが15〜20%といったところです。
この金利でも、緊急時には、サラリーマンにとってかけがえのない資金源となります。

 

即日借入審査〜アルバイトやパート収入があればお金は借りれる
http://zenizeni100.com/

続きを読む≫ 2016/03/30 15:35:30 借金